フォト
2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ

« 切り干し大根の煮物 | トップページ | さんまの塩焼き »

2011年9月 4日 (日)

なすとベーコンのチャーハン

P1000079_2 

チャーハンを料理日記に載せることにやや抵抗がある。

いったいチャーハンって料理と言えるんだろうか。

料理には違いないし、これまでも「これが料理かいな」という

ようなものもいくつも載せてきた。

しかし、チャーハンの場合に感じるこの抵抗感は何か。

あまりにも生活感がありすぎるからだろうか。

料理屋で言うところの「まかないご飯」みたいな感じ。

あまった野菜とあまったご飯を利用して、とりあえず

空腹を満たすために作られる簡単料理。

とても客に出すようなしろものではないという感覚。

まあ、それは私だけの感覚かもしない。

クックパッドには数えきれないほどチャーハンレシピが載っている。

たしかに自分なりのバリエーションはつけやすいとは思うが、

このチャーハンにかける情熱はどこからくるのだろうか。

〔材料〕

ナス/ベーコン/たまねぎ/ピーマン/しめじ/人参/卵

ニンニク/塩/コショウ/醤油/バター/オリーブ油/サラダ油

〔作り方〕

省略

ナスと油の相性の良さに着目したチャーハン。

オリーブ油を多めにしてナスに吸わせる。

さらに調子に乗ってバターまで加えてしまう。

チャーハンというよりバターライスかピラフのようでもある。

旨味、コクを吸収したナスが、ご飯といっしょになって、

ぱっと口の中に広がるのがみそ。

« 切り干し大根の煮物 | トップページ | さんまの塩焼き »

料理日記」カテゴリの記事

コメント

自分の好きなある小説の中のことですが、女将とその息子で営業している小さな飲み屋さんで、お客さんが高菜チャーハンを注文する場面がありました。
ぴりっと辛い高菜で作ったチャーハンは、お腹を満たすとともに酒の肴にもなるのかもしれません。
フライパンでも中華鍋でもいいですが、鍋を上手に振ってチャーハンを作れるだけでも、それは技術の一つになりますね。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: なすとベーコンのチャーハン:

« 切り干し大根の煮物 | トップページ | さんまの塩焼き »